2006年04月22日

奴婢訓


<ストーリー>

ある日の夜、突然見知らぬ男に拉致されてしまった少女。連れ去られていった場所で、少女は顔も判らぬ仮面の男に拘禁され、凌辱の限りを尽くされる。
くる日もくる日も玩具のよえに弄ばれる少女。

「おねがい…私をかえして…」

だが彼女の嘆願の言葉は、暗く冷たい部屋の壁に虚しく浸み失せていく。

そして、いつ終わるとも知れぬ'宴'は続くのだった。




<解説>

ものを創る、あるいは物語を紡ぐ者というものは決して一元的ではなく、多面性を持っている存在なのだと思う。

(だから様々な登場人物を描き分けられるのだろう)

かくいう自分も物書きの端呉れなのでそういった面を当然乍ら持っている。例えば多くの人々の認識するところと思われるデビュー時から『通りすがりの猫』へと続くコメディタッチの作品群や、
『ハンサム・ガール』『カズンズ』のような恋愛路線があり、またさらにそれを突き詰めた『ばあじん行進曲』『妖精たちの午後』といった己のテーマ性を押し出したものなど。

そういった中で、本作のような暗い部分を掘り出してみた様なラインもまた、紛れもなく私の一部分である。


東京・綾瀬の監禁レイプ強殺事件の発覚によりこのネタそのものがお蔵入りとなってしまった。そのため、本作は当初同人誌として発表されたものである。

ここにアップするのはあくまでも商業ベースでのものを基本としているので、本来なら同人として発表したものは別枠とすべきなのだが、
後に単行本に収録をしたためこちらに書くものとした。




後に同事件を自身で描き起こすことになろう(『嬲姦』)とは、この頃には予想もしてはいなかったのだが。



この作品を同人誌で上梓した頃にちょうど西崎まりのと知り合い「浦島さん、寺山修司が好きなんですか?」と声をかけられた。

本題は寺山の戯曲から戴いていたのだ。

西崎氏とはこれがきっかけとなり以後親密なつきあいをさせてもらうこととなる。いわばそのきっかけとなったのが本作であった。




※単行本「いつも誰かと朝帰りッ」に収録。

posted by 浦嶋嶺至(礼仁) at 18:05| Comment(1) | TrackBack(5) | いつも誰かと朝帰りッ
この記事へのコメント

このみなぎる自信はなぁに??
デビュー戦で報_^酬まで貰っちゃって、もう最強でしょ!!!!
http://arctries.com/pre/--47te8/
Posted by 黒ごま at 2010年11月02日 06:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/600871

この記事へのトラックバック

奴婢訓(その1)
Excerpt: 実物のまりのさんを見た第一印象は 「オッサンじゃん…」だった。 たとえば僕も大好きな作家の松原香織氏なぞは、ある意味あの絵柄のとおりのイメージの、スタイリッシュで、いかにも繊細そうな風貌であった。 僕..
Weblog: 西崎まりのに花束を。-浦嶋嶺至、朋友への手紙-
Tracked: 2006-04-22 18:07

セックルドール
Excerpt: かれこれ逆¥生活も三年目だけど、あんな気持ちいい女は初めてだったわw …
Weblog: ドールモード
Tracked: 2010-02-06 10:53

ちくしょう!
Excerpt: 10萬の金額に目がくらんで全身にション便ぶっかけられたし!割れ目からズッバズバ出るとこ見てたら異常に興奮しちった!次は15出すからうんこ出したいんだって・・・・。ちくしょう!!やってやる!!
Weblog:
Tracked: 2010-08-24 05:12

ちくしょう!
Excerpt: 10萬の金額に目がくらんで全身にション便ぶっかけられたし!割れ目からズッバズバ出るとこ見てたら異常に興奮しちった!次は15出すからうんこ出したいんだって・・・・。ちくしょう!!やってやる!!
Weblog:
Tracked: 2010-08-24 06:16

『人妻とNTR下見旅行』は巨乳若妻を睡姦レイプ!
Excerpt: 温泉旅行と聞くと、ぜひ自分もと思ってしまうもの。 目的地が豪華な温泉宿ならなおさらのことですよね。 でももし、一緒に行く相手が自分のカラダを狙っている中年おやじだったら・・・? あらくれさんの『人妻と..
Weblog: 人妻レイプ【エロ漫画】の感想はこちら!
Tracked: 2019-09-15 17:01