2006年04月22日

ラプソディー・イン・ブルー


<ストーリー>

生理が来なくなってしまったあゆみは、パートナーの耕作にそのことを相談する。どうやら確実な話らしいと覚った耕作はあゆみに「俺が面倒を見る」と豪語する。
その言葉に感激したあゆみ。二人は愛を確かめるかのように激しく燃えてしまうのだが…




<解説>

ありがち。


元ネタとしては「彼女が妊娠、それからどうする??」みたいなよくあるシチュエィションなのだが、そこに「えっち」という要素を16ページのボリュームに納めようとすれば
結局こんな展開に納めるしかないのが当時の状況である。ホントはもっといろいろと出来るんだけどね。


タイトルはもちろん、超有名なあの曲より。




※単行本「いつも誰かと朝帰りッ」に収録。

posted by 浦嶋嶺至(礼仁) at 17:58| Comment(0) | TrackBack(1) | いつも誰かと朝帰りッ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/600856

この記事へのトラックバック

人妻ねとりサプライズ【無料ネタバレ】強引に寝取られレイプ!?
Excerpt: おとなしい性格の人妻って、押しにかなり弱いですよね。 たとえば、トイレ籠さんの『人妻ねとりサプライズ〜旦那の目の前で膣内射精』はどうでしょう? ⇒人妻ねとりサプライズ ドッキリ企画をするからと、押しに..
Weblog: 人妻レイプ【エロ漫画】の感想はこちら!
Tracked: 2020-03-18 15:10